よくある質問 | TKヘアメイク&ネイルスクール

トップページ » よくあるご質問

  • スクールブログ
  • スタッフブログ
  • お問い合わせ
  • オープンスクール体験レッスン募集

  • Facebookページへ
    公式facebookページもご覧下さい

  • TKモバイル
  • よくあるご質問
  • KINGDOM

よくあるご質問Q&A

ネイルQ&A

ネイルに関する資格はありますか?
ネイリストはアメリカで誕生した専門職で、日本では97年に資格制度がスタートし、日本ネイリスト協会のネイリスト技能検定試験が始まりました。
1~3級に分かれ、3級は基礎と技術のみの初心者向けレベルですが、1級はアメリカの試験と同等以上の知識・技能が審査されます。
ネイリストになるのに資格は絶対条件ではありませんが、取得しておけば就・転職の際に技能のアピールとなり有利です。
検定試験は絶対に必要ですか?
ネイルの検定は美容師免許と違って、検定を取得していなければネイリストになれないということはありません。
英検と同じように、あくまで最低限の技術を取得していることを示すものです。
お客様にとって大切なのは検定の有無ではなく、試験では判断できないカルジェルやバイオジェル等の最新スキルがあるかどうかと、人柄やコミュニケーション能力なのです。
ただ、近年では検定取得を採用条件に上げているネイルサロンも増えているので最低でもネイル検定2級は取得しておいたほうが良いでしょう。
授業時間以外にも教室を使ってのレッスンをすることができるのですか?
技術はレッスン時間に比例して上達します。
授業時間以外にどれだけレッスンする時間を取れるかが大切なのです。
ですから、授業のない日や時間は教室を無料で開放しているので有効に活用してスキルアップに役立てて下さい。
もちろん講師も常時、スクールにいるので質問も大歓迎です。
接客のレッスンもあるのですか?
もちろんあります。

講師全員が現役プロのネイリストなので施術前のカウンセリング方法からお客さまにリピートしていただいたり、お友達を紹介していただく接客テクニックも習得していただけます。
ジェルのレッスンもありますか?
もちろんあります。

現在はサロンでのオーダーは地爪に負担のかからないソフトジェルが主流になっていますので、カルジェルやバイオジェルのレッスンもカリキュラムに入っています。
技術だけでなく理論や知識も大切なのですか?
理論を知ることで応用が利くこともあるのですが、何よりプロのネイリストにはお客様への説明義 務があるのです。
爪の手入れの仕方、ばい菌や爪の病気に関するアドバイス、なぜ自分がこの施術をしたのか、等々を説明して理解していただくことで信頼関係が生まれるのです。
そしてそれがお客様のリピートと口コミに繋がるのです。
教材はどのようなものを使用していますか?
様々なメーカーの特徴を理解するために、レッスンでも複数のメーカの教材を使用します。一流サロンが使用しているものばかりです。
生徒はどのような方が通われていますか?
生徒さんの年齢層はクラスの時間帯や曜日によって様々です。
下は16歳程度から上は50歳代までいらっしゃり、それぞれの年齢・経験に合った仕事に就かれていきます。
就職は難しいのですか?
毎年、当校には生徒数を越える求人数が寄せられるのでネイルサロンへの就職は決して難しくありません。
在学中から実際のサロンや撮影現場で働くインターンシップ制度を導入しています。
インターンを経験することで、教室だけでは学べない現場での動き方などの実践的スキルや 接客マナーを習得することができ、人脈作りにも役立ちま す。
また本人のやる気や頑張りによっては、インターンシップ先にそのまま就職することも可能です。
ネイルサロンで働く以外はどんな仕事がありますか?
美容室やブライダルサロン、エステサロンからの求人や、出張ネイリスト専門の派遣会社からの求人など、様々な仕事があります。
将来、自分でネイルサロンを経営したいのですが・・・?
ネイルサロン開業は比較的簡単にできます。
資金としてはまず、お店の保証金と内装代、家具代、商品の仕入れ代くらいなので、どこの街にお店を出すかにもよりますが300万円程度から始められます。
またより低資金で独立するなら自宅をサロンにする、お客様の自宅に出張して施術するという方法なら限りなく資金ゼロで独立することも可能です。
就職率はどの程度ですか?
生徒の数を超える求人数が毎年ネイルサロンから寄せられます。
また万が一、卒業時に就職できない場合は就職できるまで無料・無期限で求人情報の提供と技術指導、面接訓練を行うので就職希望者の最終的な就職率はほぼ100%と言えます。
卒業後に一旦、就職して、そのサロンを辞めて違うサロンに就職したいと思った場合のフォローはありますか?
本当に自分に合ったサロンは働きだしてからわかるものです。
なので、もしあなたが違うサロンで働きたいと思った場合は気軽に学校に相談してください。お話を伺ったうえ、別のサロンをご紹介します。

ヘアメイクQ&A

ヘアメイクって?
映画やテレビ、雑誌などの撮影や各種イベントのステージで、出演者のメイクやヘアスタイリングを行うのがヘアメイクアーティスト。 単にきれいなだけのメイクではなく、モデルの個性や 魅力を引き出し、カメラマンやディレクターの意図や設定に合うように仕上げることが求められます。 日常的に行われる一般メイクから、より美を追求したプロメイクや映画・ドラマで使われる特種メイクまで、扱うメイクの種類、技術は実にさまざま。自分の進みたい道にあった技術を習得することが大切です。
入学試験や入学条件はありますか?
当校での選考方法は、学校説明会時に行います。内容は筆記試験ではなく、ご本人とお話をさせて頂き、当校での適性があると判断させていただいた方対象となります。
入学してからかかる費用はありますか?
開講コースに記載されている以外には費用はかかりません。
見学はできますか?
はい、できます。日曜・祝日以外の日時をご予約していただければ、実際の授業を見学していただけます。スタッフがご案内いたしますので、フリーダイヤル0120-987-443までお気軽にお問い合わせください。
ほとんど化粧をした経験がないのですが、大丈夫でしょうか?
メイクが全く初めての方でも、どのコースも卒業までにはプロとして活躍できる技術が身につくよう、メイク全般にわたる幅広いカリキュラムが組まれています。
メイクとヘアは両方勉強した方が良いのですか?
目標とされる職種にも異なってきますが、撮影関係やブライダルでは「ポップに」や「エレガントに」といったイメージからモデルや花嫁さんに対して、 ヘアセットやヘアアレンジといった技術が 必要とされますので、ヘアの勉強は必要となります。ビューティーアドバイザーだけを目指している方は、メイク科があります。 まだ、いろいろメイク業界でも迷っている方は、就職の幅を広げるためにもヘアメイク科で学ぶことをお勧めします。
美容学校ではヘアメイクの仕事に就けないって本当ですか?
美容学校は基本的に美容師免許を取得するための予備校です。なので授業時間の大半を美容師免許取得に費やすのでヘアアレンジやメイクの練習時間が少なくなりヘアメイクにとって必要な技術が上達しないのです。このことをヘアメイク事務所や化粧品会社も知っているので、美容学校にはメイク関連の求人は寄せられないのです。
在学中の現場実習は必要ですか?
非常に重要です。まず一つには現場で実習することで、モデルやカメラマンとのコミュニケーションや現場での動き方等現場でしか学べない実践的なスキルを学べるからです。 二つめには、実際の現場に出てみて初めて自分が現場に向いているかどうかわかるからです。間違いのない就職先選びのためにも在学中から現場を経験しておくことは大切です。 三つめには、カメラマンや雑誌の編集者と人脈ができるからです。現場実習で培った人脈が将来、就職する際や独立するときに役立つのです。
本当に半年~1年間のレッスンでプロになれるのですか?
就職レベルの技術は1年で十分に身につきます。ヘアメイクは2年も3年も学校で学ぶことはありません。1年間集中的に学んだあとはなるべく早く仕事の現場に出て実践で経験を積むほうが格段に早く実力は身につきます。「授業料を払って学校で教えてもらうのは1年で終わらせ、その後はお給料をもらいながら現場で学ぶ」が正解です。
一クラス何名くらいですか?少人数制ですか?男性でも大丈夫ですか?
一クラスの生徒は少なすぎてもダメです。レッスンは生徒同士が顔を貸し合ってメイクをし合う相モデル方式なので、人数が多いほうが様々な種類の顔にメイクができるので応用力が付くのです。ただ、人数が多いとどうしてもきめ細かい指導が難しくなるので生徒10人につき講師が1人はつく大人数クラス小グループ担任制を敷いています。もちろん男性でも大丈夫です。
学費は分割にできますか?
月々1万円程度からの分割払いもできます。
卒業後も技術サポートをしてもらえますか?
もう一度苦手な項目を学び直したい、最新の技術を学びたい!と思った時、いつでも無料で卒業したコースを 受講できます。この再受講は一生涯無料です

オープンスクール、資料請求、お問い合わせお気軽にご連絡ください!