検定試験について(ネイリスト検定・ジェルネイル検定)

検定試験について(ネイリスト検定・ジェルネイル検定)

ハンドチップ装着のポイント

ハンドチップ装着のポイントの画像

ハンドチップ装着のポイント

トレーニングハンドについて

トレーニングハンドについての画像

トレーニングハンドについて

期間限定措置として、トレーニングハンドの使用に変更になっております最新の検定試験要項、ネイリスト検定試験の場合は、JNECホームページジェルネイル検定試験は、JNAホームページにて最新の情報をご確認下さい。【ネイリスト検定試験について】随時更新される最新情報をJNECホームページにてご確認下さ

模擬試験、仕込みについて

模擬試験、仕込みについての画像

模擬試験、仕込みについて

初級以外、すべての級、模擬試験は実技試験のみとなります。試験要項を熟読し、試験当日と同様の準備をしてご参加下さい。※合同模擬の際は、必ずご予約下さい。参加出来ない方は、別日で授業が行われている日時にてご予約下さい。モデルの方、ハンド■モデルの方との試験模擬試験、試験当日まで定期的に手入れを

1級

1級の画像

1級

■試験要項試験に当てはまる内容を熟読しましょう。■モデルについて 爪のクセ(巻いている、反っている、深爪など)、指の曲がりができるだけない方を選びましょう。 *実際に付けてみてスムーズに揃えられるかなど練習しながら決めるのも良いです。 試験日まで定期的にネイルケアをおこない、コンディション

2級

2級の画像

2級

■試験要項試験に当てはまる内容を熟読しましょう。※特に2級試験より追加になっている箇所、減点・失格の項目を確認しておきましょう■モデルについて3級試験と同じモデルの方が望ましいです。試験日まで定期的にネイルケアをおこない、コンディションを維持しましょう。モデル選びについて※リンク先参照

3級

3級の画像

3級

■試験要項約2ヶ月前に試験要項が発表されます。要項が手元に届いたら、受験級に当てはまる項目を熟読しましょう。■3級試験申し込み郵便振込用紙による振込と Web申込みは2種類があります。それぞれ申し込み期限が異なります。 期限日までに申し込みませましょう。申し込み完了後、下記フォームにてご

ジェルネイル上級検定試験について

ジェルネイル上級検定試験についての画像

ジェルネイル上級検定試験について

【2021年2月開催以降ジェルネイル検定試験についてお知らせ】※お申し込み前に必ずご確認下さい。お知らせ、確認事項■上級授業上級授業内容をすべて消化後、上級模擬試験受講可能となります。■お申込み中級試験取得後お申込み可能となります。内容をご確認の上、お申込み期間内にお申し込み下さい。

2021年2月以降開催ジェルネイル検定試験についてお知らせ

2021年2月以降開催ジェルネイル検定試験についてお知らせの画像

2021年2月以降開催ジェルネイル検定試験についてお知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、2021年2月以降開催JNA ジェルネイル技能検定試験について、一部、スケジュール及び実施条件を変更して開催致します。2021年2月以降開催ジェルネイル検定試験ついては、トレーニングハンド使用に変更とさせていただきます。変更に伴い下記内容のご確

ジェルネイル中級検定試験について

ジェルネイル中級検定試験についての画像

ジェルネイル中級検定試験について

【2021年2月開催以降ジェルネイル検定試験についてお知らせ】※お申し込み前に必ずご確認下さい。お知らせ、確認事項ジェルネイル中級試験は、実技試験、筆記試験を自校開催にて受験となります。■お申込み○第1課題受験者初級取得後お申込み可能となります。○第1課題免除受験者初級、2級試験取得

ジェルネイル初級検定試験について

ジェルネイル初級検定試験についての画像

ジェルネイル初級検定試験について

ジェルネイル初級試験は、実技試験,筆記試験が免除となります。■実技試験、筆記試験免除■初級模擬試験3級、初級授業内容をすべて消化後、初級模擬試験受講可能となります。※模擬試験は、実技、筆記をおこないます。模擬試験についてはこちら■申請手続き初級模擬試験終了後申請手続き可能となります

中級合同模擬総評

中級合同模擬総評の画像

中級合同模擬総評

事前審査開始までにテーブルセッティングを済ませ、指定商品申請用紙に使用するジェルを記入しモデルと共に受験番号の席に客席した状態でお待ち下さい。*試験開始までモデルの爪に手を加えることは出来ません。◎事前審査ーーーーーーーーーモデルの爪の状態ーーーーーーーーー◆ラウンド・長さ形に

モデル選びについて

モデル選びについての画像

モデル選びについて

1.試験要項を確認15歳以上であること、爪及び爪周りに疾患ない方。2.練習に協力して頂ける方を選びましょう日々の練習と試験は同じモデルの方にお願いするのがベストです。いつも触れている爪であれば、試験当日もお互いに慣れているため、プロセスや所作もスムーズですし、試験の緊張も和らぎます。また、定期