モデル選びについて


モデル選びについて

1.試験要項を確認
15歳以上であること、爪及び爪周りに疾患ない方。

2.練習に協力して頂ける方を選びましょう
日々の練習と試験は同じモデルの方にお願いするのがベストです。いつも触れている爪であれば、試験当日もお互いに慣れているため、プロセスや所作もスムーズですし、試験の緊張も和らぎます。また、定期的にネイルケアしている爪は試験でのルースキューティクル除去もスムーズ。モデルの方には大切な時間を割いて練習に付き合ってもらっていることに感謝し、協力をお願いしましょう。

3.モデルは複数の方にお願いを
試験当日急病などで来られなくなった場合などに備えてもう一人待機をお願いできる方がいれば安心です。

4.爪を大切にする心掛けを日々忘れずに
検定試験の課題はすべてナチュラルネイルからスタートします。3級、2級は2本までリペアが許可されていますが、健康なナチュラルネイルで試験に臨みたいもの。モデルにはキューティクルクリームやキューティクルオイルを渡しておき、1日数回塗ってもらうなど、日常生活の中でも、乾燥させない習慣をつけて頂き、指先を大切に扱う所作などを心掛けてくれるようお願いしましょう。

5,練習も本番もモデルと2人3脚で

モデルは、あなたの大切なパートナーです。合格するためにはたくさんの時間を割いて練習に付き合って頂く必要がありますし、試験当日に遅刻しないのはもちろんのこと、受験生だけでなく、モデルの態度も審査の対象となります。そのためにはお互いに信頼関係を築けることが重要。

6.互いに信頼関係がもてるような気遣いを

モデルの方には、あなたの受験のために時間を割いてもらうだけでなく、さまざまなお願いをすることになります。そのために必要なのは、互いの信頼関係。モデルの方には一緒に受験するという心構えが必要です。またモデルの方への感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。共に練習を重ねて試験に挑み、合格したら共に喜べるような関係を築きましょう。